21歳で童貞を卒業した男の子の話

21歳の彼は今では童貞はすっかり卒業してしまっている身です。
最初は童貞狩りの女性に相手をしてもらって童貞を無事に卒業することができたようなのですが、その童貞狩りの女性に会うとお金になるということを上手い具合に理解してしまったために今でも自分は童貞であるということを示し続け近付いてくる女性たちとの出会いというものを楽しんでいるようです。

基本的に童貞というものは一度でもセックスを体験してしまえばその時点で童貞ではなくなってしまうものなのですが、少しでもセックスに不慣れな様子を女性に見せつけてやれば女性は簡単に童貞だと信じ込んでしまって優しく手ほどきをしてくれるようです。

しかも童貞狩りの女性たちは童貞を卒業させてあげた際にはお礼としてお小遣いもくれるわけですから21歳の彼はあくまでも童貞であることを言い続けていきながら今までに何万ものお小遣いを女性からもらってきているようです。

もちろん同じ女性を相手にしていくわけにはいきませんからその都度異なる女性を見つけていかなければなりません。
ただ、さすがに女性からのお礼と称してのお小遣いは受け取らないようにしているようになってきているようです。

それでも童貞と言い続けるだけで何人もの女性たちが声をかけてきてくれるというのは男性としては嬉しいことなのかもしれません。
それだけ求められているという喜びを得ることができるからです。